めまい(眩暈)

東洋医学では、眩暈の意味は
「眩」・・・目の前が暗くなること
「暈」・・・頭がクラクラすること となります。

多くは、体質の虚弱、肝風、痰気、精神的ストレスなどの要因と関係があります。

めまい(眩暈)は、真性めまい(眩暈)仮性めまい(眩暈)に区別されます。

真性めまい(眩暈)

「自分が回転している」「自分のまわりがグルグル回る」というように、常に運動性の訴えがあります。
平衡感覚の障害によるもので、内耳の三半規管が関わっています。

この障害の原因としては、循環障害(推骨脳底動脈循環不全低血圧起立性低血圧心拍出量の低下、脳・耳の炎症、中毒〔アルコール・薬〕)、小脳・胸幹部付近の腫瘍、内耳のリンパ水腫(メニエール病)などによるものがあります。
※赤文字は、鍼灸治療の適応。それ以外の炎症・中毒や腫瘍は適応外となります

仮性めまい(眩暈)

身体の不安定感、「クラクラする感じ」「立ちくらみ」「頭の中が空っぽになる感じ」などの訴えがあります。
はっきりとした運動感覚は伴っていません。

過労、睡眠不足、貧血、肺気腫などで、脳が循環不全・酸素欠乏となり、めまい(眩暈)を引き起こしています。

めまいの症状を訴えられる多くの方は、足先の冷えがあり、骨盤腔内臓の虚血が考えられます。
これは、性ホルモンの分泌低下や、扁桃(へんとう)によるお血(おけつ)の循環障害と認められ、頚椎の椎間が狭くなっていることもよくみられます。

循環障害は、脳、心臓、骨盤腔内の血液循環を良くしてあげると、めまいは徐々に減り、消失していきます。

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る