冷え性

一口に冷え性といっても冷え単独だけとは限らず、レイノー病や関節リウマチなどでも冷えがでます。冷えはやはり女性が圧倒的に多く、月経や出産の関 係で東洋医学的には瘀血(おけつ・血の巡りが滞ってる)や血虚(けっきょ)になりやすいからです。

当院で診る冷え性は、自律神経失調症や婦人科疾患の随伴症状としての場合が多いです。

東洋医学的にみる冷え性の分類ですが、

《瘀血によるもの》

瘀血とは、血(けつ)の停滞をいいます。または固まって巡らないものです。気や血はつねに巡る、循環してるときは健康な状態です。停滞すると、気の巡りも悪くなり、ほとんどの場合、上半身が温かく、下半身は冷えます。

腹診すると、下腹部に圧痛や抵抗があります。これに灸頭鍼を行うことが一番効果的でまさに鍼灸の独擅場です。

《血虚によるもの》

これには二種類あります。

冷えてのぼせるものと全身が冷えるもの。

冷えてのぼせるのは、足は冷えても手は冷えないものがあります。

全身が冷えるものは、血そのものが不足しているため月経が来たら余計に冷え、さらに下痢になったりします。食欲もなくなります。

手も足も冷えます。

ツボは、三陰交、太衝、太谿、衝陽、任脈の関元、石門、気海、腎兪をじっくりゆっくり時間をかけ補血、補気を行います。

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る