椎間板ヘルニア

背骨の骨と骨の間には椎間板があり、中央にはゼラチン状の髄核があります。それが過重な負荷により突出して神経痕を圧迫することにより、疼痛・痺れ・感覚障害や運動神経麻痺による筋力低下などの症状を引き起こすものを椎間板ヘルニアといいます。症状の範囲は、臀部~大腿前・後面、下腿、足先までいたります。

治療としては、原因部位の神経根部(脊際穴)や坐骨神経部(環跳穴)へ刺鍼を行います。坐骨神経部は必要に応じ通電を行い下肢全体へ刺激を送ることができます。

さらにポイントになるのが、大腰筋への刺鍼です。大腰筋は、大腿の内側から骨盤内側を通り背骨へ付く筋肉で、深部に位置するため手で触ることができません。この筋肉は股関節を曲げる作用があり、慢性腰痛の原因にもなることが多い筋肉です。その筋肉へ中国鍼を用い筋緊張をとり、血流改善を行うことにより疼痛を軽減することができます。

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る