不眠、うつ等の自律神経失調は、胃腸を整えましょう!

胃腸は、食物を消化吸収するところですね。

東洋医学では、※後天の精【気血津液の源(きけつしんえきの源)】を作り、運搬する働きがあります。

これがうまく機能しなくなると(脾虚)、食欲不振、不眠、脱力感、四肢のだるさ、
考え込む、抑うつなどとなります。
身体のだるさで、まとめる力、奮い立たせる気がなくなってしまうんですね。

治療を受けながら、
毎日、足の親指にある太白穴、手首にある大陵穴に自分でお灸を据えましょう。
※ツボの画像はお借りしました。

簡単で据えやすく継続しやすいですよ!(^_^)/

 

※後天の精
誕生以降の精で、呼吸や飲食物から得られるものです。
「脾」や「胃」で作られ、「水、血」のもとになり、「肺」を通じて、全身に送られます。
また、親から頂いた、大事な「先天の精」を補給する役割がありますので、
精が不足すると、生命力が弱まり、臓腑や器官が衰弱します。
筋骨が弱く、低体温、冷え性、疾病にかかりやすくなったり、
疾病の回復が遅くなったりして、老化が早まるという性質もあります。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る