疲れているな?と感じたら深呼吸!

当院に来られる、どの患者さんにも見られる共通症状は
呼吸が浅いこと です。

呼吸が浅いということは

◆酸素と二酸化炭素のガス交換
◆血液循環
◆自律神経系のバランス

に支障をきたしている可能性が考えられます。

このような場合、施術では、必ず横隔膜の矯正を入れるんですが
なぜ、そこまで呼吸を重視するのでしょう?

その理由は、呼吸だけが持つ、ある特徴 にあります。

身体には呼吸の他に、心臓の鼓動やホルモンの分泌、食べ物の消化吸収など
生命維持に欠かせない働きがいくつもありますよね。

これらは、意思とは関係なく自動的に行われています。
意識してコントロールすることはできません。

しかし、呼吸は、違います。

生命維持に欠かせないものに関わらず
意図的に呼吸を止めることができます。

つまり、呼吸は意識的にコントロールできる唯一の運動なのです。

呼吸は自律神経系を通して、循環器系や消化器系といった
様々な身体のシステムに密接に関わっているためです。

息を吸う働き(吸気)は、交感神経
息を吐く働き(呼気)は、副交感神経に繋がっています。

息を吐くことで身体がリラックスするのは、それにより副交感神経が
働き始めるためです。

身体の疲労を感じる時などは、仰向けになり、ゆ~っくり深呼吸すると
良いでしょう(^_^)/

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る