脳疲労とからだの疲労

疲労は、脳の自律神経の中枢と呼ばれる視床下部で起こるそうです。

例えば、人が運動を始めると数秒後には心拍数が上がり、呼吸が大きくなります。
そして、体温の上昇を抑えるために発汗してきますね。

これを制御しているのが「視床下部」などです。

運動が激しくなるとこの
「脳の自律神経の中枢」での処理が増加
します。

その結果、脳の細胞で活性酸素が発生
酸化ストレスの状態にさらされることで 錆びつき
本来の自律神経の機能が果たせなくなります。

これが「脳疲労」です。

また、「身体が疲れた」というシグナルは
前頭骨領域にある眼窩前頭野(大脳の前頭葉で眼窩の上)で
「疲労感」として自覚されるのです。

当院での頭蓋骨矯正頭鍼
この、前頭骨領域への施術を重要視しています。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Print this pageEmail this to someoneShare on Google+0Pin on Pinterest0
福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 痛くない鍼 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る