食養生【油編①】

人は食べ物で作られていると言われますが、日頃の食生活はとても大事です。

摂る食材の中で、油の摂り方を意識されたことはあるでしょうか。

油は、大きく分けると下記の二種類になります。

飽和脂肪酸 :お肉や乳製品などの動物性脂肪
摂り過ぎると、中性脂肪やコレステロールなどを増加させ、高脂血症や動脈硬化を招く危険性あり

不飽和脂肪酸 :紅花やコーン、オリーブ、亜麻仁などの植物性脂肪
体の中でも固まりにくく、血液中の中性脂肪やコレステロール値の調節をサポートする働きあり

飽和脂肪酸は体内で合成でき、不飽和脂肪酸は体内で作り出せないので、食事などで外から補わなければならない必須脂肪酸と言われています。

この不飽和脂肪酸は、オメガ3、オメガ6、オメガ9に分類されます。

オメガ3:亜麻仁油、えごま油、青魚の油、くるみなどのナッツ類
主な作用:アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張

オメガ6:紅花油、コーン油、サラダ油、ごま油、マヨネーズ
主な作用:アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める

オメガ9:(オレイン酸)オリーブ油、キャノーラ油、高オレイン酸サフラワー油など
主な作用:悪玉コレステロールだけを下げる働きがある

この作用を見比べると、どちらが良いかは、一目瞭然ですね。
現在の食生活では、オメガ6系が過剰摂取されています。

★オメガ6系を減らすとともに、オメガ3系の脂肪を積極的にとるようにおススメします!

油は、バランスの良い摂り方が命なんですね。

次回は、この不飽和脂肪酸の摂取の仕方、注意点について書きます。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someonePrint this page
福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る