施術内容

健養堂では、鍼と灸を駆使した施術を行っています。

鍼について

刺す鍼と刺さない鍼があります。

hari刺す鍼は、髪の毛ほどの細いものです。
ただ長さや太さで種類があり、患者さんのその時の状態や身体の部位で刺す深さを使い分けます。
通常は、この日本鍼を使います。刺激は軟らかいです。

中国鍼は、坐骨神経痛や筋筋膜性腰痛など炎症部位が深いところにある場合に用います。鍼が好きな方や強い症状が出ている方向きです。

当院は、使い捨て鍼を使用しています。

teishin2てい鍼という 刺さない鍼で皮膚(ツボ)に当てたりさすったりします。
てい鍼は、痛みにとにかく敏感だとか著しく体力が低下している方に向いています。自律神経失調症やメニエール病の方などです。
少しでも痛いのがいやと いうことでしたら無理に刺す鍼はおこないません。
chishin置鍼(ちしん)と言ってツボに鍼をうち、そのまま刺した状態にすることです。
時間は10~20分が普通です。深さは、症状や部位により変わりますが、大体2~3mmまたは5~15mmが多いです。

写真では、足部に置鍼しています。

chiryo6

chishin2

 

鍼の効果について

・鎮痛効果:ツボに鍼をうたれるとその刺激が脳に伝わり脳内モルヒネ様物質が分泌され痛みが和らぐとされます。

・自律神経機能の調節:鍼を打つと主に副交感神経が優位になることが多いのです。
うたれて眠たくなるのはそのためです。つまりリラックス作用があります。自律神経のバランスをはかるのです。

施術後の反応について

一時的にだるさや熱感などが出現することがあります。
これを東洋医学では瞑眩(めんげん)反応といいます。これは治療による体の反応であり好転反応 といえます。
効果の兆候であり習慣性はありません。1日か長くても2日で治まります。

 

お灸について

お灸には、方法においていくつか種類があります。

okyu1直接灸といって、もぐさを半米粒大にしてツボにじかに据えます。
熱を伝えることが目的ですから、燃やしきると小さな火傷痕を残します。
火傷痕が嫌いな場合は、八分灸といって途中で消すやり方も使いますのでご安心ください。症状が強い場合に用いることがあります。

kyutoshin2灸頭鍼といって、打った鍼に被せます。鍼と温熱の両方の効果が期待でき、硬結がある箇所に用いることが多いです。
痛みの症状がある場合用いることがあります
okyu2間接灸といって、台座灸、生姜灸や塩灸を用います。
(左の写真では生姜灸を行なっています。生姜を輪切りにしてそのうえにもぐさを置き施灸します。生姜の薬効が出て保温が高まり、血流が良くなります。)

熱感が緩やかに伝わり持続する特徴があります。
冷えが強い場合や血行を良くしたいときに使います。塩灸は下痢など胃腸症状には効果があります。

お灸の効果について

熱刺激により体組織中のたんぱく質が高温になり火傷蛋白(ヒストトキシン)が発生します。
このヒストトキシンを体は体外に排出します。この反応により他の体内毒素も排出されるのです。
この過程により代謝が改善され血液循環も良くなるというしくみです。

 

吸い玉療法

suidama吸い玉とは、ガラス玉を皮膚に吸着させます。
それにより、
・硬結部筋緊張部をほぐす
・血行を促進する
・自律神経の調節を行うなどの効果をもたらします。

特に、慢性の肩こり、頚こりの方には効果を期待できます。
考えてみますとマッサージ、指圧の施術、ベルトを締めるなどの日常動作などほとんどが外から内へ力を及ぼすことばかりです。
この吸い玉とは、逆転の発想ともいうべき内から外への施術となります。
「揉んでもその時はいいけど、持続しないな~」と感じてる方にぜひお薦めです。
※施術後跡(紅色、紫色など)が残ることがございますが、2,3日長くて1週間で消失しますので、ご安心ください。

吸い玉治療 : 2,000円(オプションメニュー)

 

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 地域No.1を目指す 健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る