頭重感や片頭痛への対処法

梅雨に入りましたね。

梅雨に入ると、身体のむくみ、頭痛、頭重感の症状の方が
ずいぶん増えてきました。

気圧や湿度などにより、身体の体液循環、水分代謝が低下するのも大きな要因の一つです。

特に、頭の体液が滞り、循環しにくくなるんです。

そういう人は、頭蓋骨がうまく動かなくなっています

それに、ほとんどの場合、骨盤が歪んでいます。

それは、骨盤の上に背骨が乗り、背骨の上に頭部が乗っているからです。

骨格というのは、全てつながりをもっていて、影響を与えているからなんですね。

セルフケアでは、どんなことが出来るでしょうか?

もっとも簡単なのは、深呼吸をすることです。

深い呼吸は、骨格を動かします

深呼吸をしてみると、骨格が動いているのがわかると思います。

その動きによって、骨格も矯正されていきます

深呼吸のコツは、吸うのが3秒くらい、吐くのを9秒くらいの意識
行ってみてください。

吐く時にお腹がぺちゃんこになるぐらい手の平で
押さえると吐きやすいと思います。

それにより骨格が矯正され、脳脊髄液の流れがスムーズになります。
ぜひ、試してみて下さい!(^^)/

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 痛くない鍼  健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る