玄米 vs 白米

主食として玄米がいいのは、皆さんよくご存知でしょう。

それは、栄養素が違うからですね。

白米は、胚乳と言われる糖質がほとんどですが
玄米には、種皮層にはたんぱく質、糊紛層も主にたんぱく質
胚芽部には、ビタミンB群、ミネラル、酵素、食物繊維が
たくさん含まれているからです。

精白していていない穀物を“まるごと“いただくのは、すべての
栄養素を「いのちのシステムごと」取り入れることができるんですね。

それと、私たちが、何かを食べる時、体内では、代謝の過程で
必ず酸(クエン酸回路)が発生しています。

玄米は食べた後、エネルギーを作りだした後に
二酸化炭素と水を出しています。

それらは、肺から息として、腎臓から尿となって排泄されるので
結果的に体内に不要なものは何も残りません。

これが白米の場合、栄養素が欠けている上に
代謝を助けてくれるビタミンB1も激減するので
あとに、乳酸などの老廃物を残してしまうのです。

まるごと食べるだけで完璧な栄養バランス、機能バランスが
もらえる玄米ですが、苦手で食べられない、または家族が食べてくれない
などの悩みがあるようですね。

そこで、苦手な方は米ぬかを炒ってふりかけ
にして食べてみてはいかがでしょうか。

米ぬかは、スーパーなどで袋入りで販売されています。
要は、玄米の外側の栄養素がつまった粉ですね!

私は、ごはんの他、カレーや汁物などにどんどんかけて食べています。

ちょっと甘味があり美味しいですし、栄養素もたくさんとれて
一石二鳥です!(^^ゞ

福岡の鍼灸院 | 博多駅近く 痛くない鍼  健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る