春先の鼻炎

まだ寒暖差はありますが、少しずつ暖かくなってきましたね。

春になって鼻炎になり、鼻水が出るのは
胃にある水分が熱によって動かされるからです。

この時期、風邪でもないのに鼻炎症状が出る理由

陽気(熱)の発生に適応するだけの体力がないからです。

身体を過保護にして、鍛えてないからだといえます。

暖房や、厚着で常に熱を受けている状態だと、伝統医学で言うと
風邪によって熱が発生した状態と同じになっています。

それが、春の陽気に触れると、さらに熱が増えてきて
その熱は、胸から上に集まってきます。

その熱を発散するだけの体力がないので
それが鼻炎となって起こります。

この流れで考えると、鼻炎には身体を過保護にせず
適度に運動をして汗をかき、熱を発散してあげることです。

また、身体を冷やし過ぎないようにすることもポイントになります。

冷やさないようにすることで、胃腸の調子が整えられ、陽気(熱)の生産を活発に促します。

春は、意識的に身体を動かし、汗をかいて熱を外に出してあげましょう

また、冷えにもしっかり対処すると、身体の調子が整います(^_^)

博多の鍼灸、整体なら健養堂はり灸治療室 受付時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡市博多区博多駅東3-3-16 川清ビル205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る