tel
今すぐ電話
mail
お問い合わせ
line
LINEで予約

肩こり(足冷え頭逆上せ)

こんな症状でお困りではありませんか?

秋も深まってきて、気温が下がってくる11月。
当院の患者さんに、肩こり、背中のこりを訴える方が多くなってきました。

・肩のこりが取れない
・関節の動きがスムーズにいかない
・はじめは肩こりだけだったが、背中までこるようになった
・頭や顔がほてる
・主に首から上に汗をかく
・頭がぼーっとする

・動悸がある

・足が冷えている など

気温の低下とともに、上記のような症状でお悩みの方が増えてきました。

いわゆる、足冷え頭逆上せの状態と言えます。

足冷え頭逆上せとは?

字の通り「足が冷たく冷えていて、顔や頭に熱を持っている状態です。

足が冷えているということは、「気血」が下まで巡っておらず、上に溜まっているんですね。

上がギュウギュウ下がスカスカというイメージです。

気は身体のエネルギーであり熱の根源でもあります。
気の巡りが停滞すると、停滞した気に余分な熱が集まりやすくなります。

エアコンなどの暖かい空気と同じように熱を帯びた気は、上へと上がり、上半身に熱がこもりやすくなります。
頭に溜まった過剰な熱は、のぼせやほてりだけでなく、イライラや怒りっぽくなるなどの症状が同時に出やすいです。

長時間のパソコン作業や炊事・洗濯などの家事が続くと、首から肩にかけてのこりや張り、腰の痛みなどに悩まされる方も多いと思います。
肩こりや腰痛は、こうした長時間の作業ではもちろんですが、体の冷えとも関係しています。

こりや冷えで血行不良になると体内の血流が悪くなり、特に手足の毛細血管にまで新鮮な血液が運ばれにくくなります。
血液には、新鮮な酸素や栄養分が含まれています。

体内にたまった疲労物質を体外に排出する働きにも関わっているため、冷えを放置しておくと、頭痛や肩こり、不眠、貧血、肌あれ、婦人科トラブル、年齢に関係なく更年期のような症状が現れるなど、様々な不調を引き起こすこと があります。

なぜ血行不良になるのでしょうか?

・運動不足
・姿勢の悪さやスマホの見過ぎ
・長時間の座り作業
・食生活の乱れ
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足

自分で出来る予防対策

❶軽い体操や運動で、筋肉を動かす
筋肉を動かすことで、筋ポンプ作用の働きを活性化させましょう
激しい運動ではなくても、積極的に階段を使うこと、つま先立ち、肩まわしなどを合間の時間に取り入れてみましょう
手足の指先が冷えると感じたら、手や足の指を動かすことやストレッチを意識して行なってみてください

身体を温め、日頃は冷やさない工夫をする
秋冬は2~3日に1回でもお風呂に浸かる習慣をつけましょう
冷えやすい部位【首、手、お腹、足】はできるだけカバーし、身体の熱を逃さないことが大切です
手袋、マフラーやストール、腹巻き、ひざ掛け、タイツや靴下、レッグウォーマーなどを、上手に活用しましょう

❸旬の食材を食べ、冷やす食事は避ける
秋冬だと、根菜類、生姜やにんにく、みそや納豆などの発酵食品、加えてたんぱく質や炭水化物を積極的に摂りましょう
冷たい飲み物、生野菜、生魚は身体を冷やすので、寒い時期は控えましょう

ケアしても症状が治まらないときは

冷えをとったり、温めたり、詰まりをとるツボに鍼をします。
お灸を併せながら施術を行ないます。
スマホ、パソコンによる目の消耗の回復も行ないます。

週1回で1ヵ月続けると、こりや冷えの解消を体感できるはずです。

メニュー・料金の詳細はコチラから

ご予約はコチラをクリックしてご連絡ください

健養堂はり灸治療室
大久保陽友
プロフィール
スタッフ紹介

博多の鍼灸治療|健養堂はり灸治療室 耳鳴り・難聴お任せください 営業時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡市博多区博多駅東3丁目3-16-205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る