tel
今すぐ電話
mail
お問い合わせ
line
LINEで予約

梅雨の体調不良

こんな症状ありませんか?

梅雨時期になると、体調不良を訴えられて来院される方が多くなります。
じめじめした湿気が身体に入り、不調を感じやすくなるんですね。
天気と同じように、気分も体調もすっきりしないと感じられる方が多いのではないでしょうか。

頭痛、体がだるい・重い・浮腫む・疲れやすい、食欲がわかない、消化不良、皮膚の不調など様々な症状でお悩みではありませんか?
また、関節の痛みや事故後の後遺症が再発するなどでお悩みの方もこの時期に多いようです。

なぜ、梅雨時期に不調が出るのか?

東洋医学の病因に、「湿邪(しつじゃ)」というものがあります。
湿邪は外から入ってくる「外湿」と体内から生じる「内湿(ないしつ)」に分かれ、どちらも身体に不調を引き起こす原因となっています。

「外湿」は、「体の外から病邪がくる」という考え方で、まさにこの時期の湿性の病邪で雨季や湿度が高い環境などで人体を襲います

梅雨に入ると湿度が上がりますね。
水分を摂りすぎたり、汗を掻かなかったりすると体内の水分代謝低下と湿度・低気圧によって胃腸障害・関節や筋肉に水が溜まる・むくみや痛みを起こす・皮膚に湿疹を起こしたりします。

特に胃腸障害は「内湿」(体の中の湿気)を発生させ、消化器系の不調を訴える原因になります。
身体にたまりやすい湿を最も嫌う臓は「脾=胃」です。

「脾=胃」は食物を消化吸収し、全身に栄養を送り届ける役割があると同時に、体内の水分代謝を担っています。
この機能が弱ってしまうと、外から来た湿を取り除く事が出来ず、脾胃の機能がさらに弱くなってしまい、いつもと同じものを食べていても梅雨時期には消化しにくくなるんですね。

自分で出来る予防対策

体を冷やさない
エアコンの当たりすぎで体を冷やしすぎないようにしましょう

火を通した(温かい)消化の良いものを食べる
胃腸を冷やすような、生野菜や刺身などの生ものはさけましょう

汗をかく
運動やお風呂で湯舟に浸かり、適度に発汗を促しましょう

ケアしても症状が治まらないときは

身体の水はけを良くしたり、胃酸の出を良くして消化力を上げる鍼をします。
(胃酸過多の治療法もあります)
胃腸や足が冷えている場合は、お灸で温めます。

脳ストレスが高い方は、オプションメニューの頭蓋骨矯正(+1,000円)を追加されることをおすすめします。
頭蓋骨矯正とは

頭蓋骨矯正

鍼灸の良さと適応症はこちらから

ツボの場所にペンで印をつけると、そのまま自宅でお灸が出来ますのでおススメです。

梅雨時期の不調でお悩みの方は、健養堂はり灸治療室へご相談ください。

ご予約はこちらをクリックしてご連絡ください

博多の鍼灸治療|健養堂はり灸治療室 耳鳴り・難聴お任せください 営業時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡市博多区博多駅東3丁目3-16-205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る