tel
今すぐ電話
mail
お問い合わせ
line
LINEで予約

鍼灸の良さと適応症

こんなことでお困りではありませんか?

  • 鍼灸は痛みや火傷が心配で、受けたいけど受けられず困っている
  • 鍼の衛生面が不安で、受けたいけど受けられず困っている
  • 病院で診てもらっても、原因不明の不調や頑固な痛みが続いて困っている
  • 薬に頼らない方法を探している
  • 長期的にメンテナンスしてもらえる鍼灸院を探している

鍼灸(はり、灸)はこんなにスゴイ

はり治療は、生体内に刺激を入れることができる唯一の施術法です。そのため、刺激が入ると神経を通じて脳に伝わります。そうすると、脳反射が起こり、早い反応が得られます。
鍼灸は、腰痛や肩こり、関節痛や神経痛だけでなく、呼吸器系や循環器系の疾患、生殖系、婦人科系、耳鼻科系、運動器系、不眠やめまいなどの神経系の疾患など、様々な症状に適応していると言われています。西洋医学では原因が分からないとされる症状(不定愁訴)など、様々な症状にも自然治癒力を高めることにより健康な心身を取り戻すことができます。NIH(米国国立衛生研究所)が鍼灸の効果とその科学的根拠、西洋医学代替治療として効果について有効であると発表しました。WHO(世界保健機関)でも鍼灸治療の適応症を起草しています。

東洋医学では、人の体を全体としてとらえます。一ヵ所だけでなく、“全体を診る”という考え方に基づいて、経絡や人の体に約361あるといわれる経穴(ツボ)に、鍼や灸を用いて刺激を与え、自分の体に備わっている自然治癒力を高めるのが鍼灸治療です。

当院のはり治療は、痛む箇所や炎症がある場所、つまり患部にはりを刺しません。患部に負担をかけずにすむので、身体に余計な負担をかけずに施術を行うことが出来ます。ぎっくり腰や寝違えなどは、鍼を打って数秒と、とても早く反応が得られることが多いです。

使う鍼も1本ですむ経験もあり、「なんで!?すごい!」「もっとはやく来ればよかった!」と自然とつぶやかれることもあります。

お灸は、もぐさを使ってツボに熱刺激を与えます。お灸は、筋肉が硬くなったり、冷えに対し、温熱刺激を与えることによって血液の流れを整え、血流をよくします。また、疲労物質の回収、酵素・栄養分の補給も同時に行うので、冷え性の予防には最適です。現在は、台座灸と言って自宅でも出来るお灸が普及しています。種類が豊富(熱さも調整出来ます)、かつ安心・安全なのでセルフケアに最適です。「回復力がついた」「以前ほど冷えが気にならない」「よく眠れる」などの感想を沢山聞きます。

薬を飲みたくない方や、病気になりにくい身体を作りたい方には最適で、高齢社会を迎えた現代では元気に健康で長生きするための予防医学としても期待が高まっています。古くから親しまれ、愛好されてきたお灸。身体の芯から温めじっくり治す、健康の維持・増進に貢献するのにぴったりな方法と言えます。

鍼灸のメリット・デメリット

メリット

  1. 健康的な身体を作ることが出来る
  2. 投薬のような副作用は少なく、身体への負担が少ない
    ※ここで言う副作用は、鍼を打つことで身体機能が活性化し、その過程で身体がだるくなったり、重い、眠い、頻尿など一時的な生体反応です。東洋医学では瞑眩反応といって、細胞の活性化や、老廃物の排出によって引き起こされるもので、有害な症状ではありません
  3. 痛みを抑える
    鍼刺激によってモルヒネのようなホルモンが分泌されたり、痛みの信号が遮断される事で痛みが軽減される
  4. 脳反射を利用した治療なので、持続効果を長く得られることが多い
  5. 予防医学としても力を発揮する

デメリット

  1. 鍼を打つ時の痛み
    生きている人間に鍼を刺すのですから、全く痛くないということはありません。刺す場所によって感じ方が違うのと、どのぐらい身体が疲労しているかにもよります。鍼をするという事は、鍼を身体の中に入れるという事ですね。どんな鍼灸師が刺しても、チクッとすることがあります。しかし、注射針のような痛みを感じることはないはずです。私たち鍼灸師は「ひびき」という言葉をよく使います。これは、鍼がツボに当たった時の反応を表現したものです。筋肉に鍼を刺す場合、純粋な痛みというよりも重いような、だるいような独特の感覚が起こります。特に凝りが強い方ほど、このズーン、ズシーンや、ドーンなどの擬音で表される不思議な感覚が起こります。詳細は、よく頂く質問の「鍼は痛くないですか?」をご覧ください
  2. 肉離れや骨折、椎間板は完全に破裂している、腫瘍などが神経を痛めている場合、期待通りの鎮痛効果が出ないでしょう
    ただ、効果はゼロではないので、患者さんの理解と協力を得た上で治療することは可能です
  3. 薬による副作用が強い場合は、痛みや症状の戻りが早かったりすることがあります

鍼灸を利用した症状別の平均施術回数と料金

耳鳴り難聴
5~10回 鍼灸5,000円/回

自律神経失調症
5~10回 鍼灸5,000円/回

アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎など)
10回前後
鍼灸と、症状によっては オプションメニューの頭蓋骨・内臓矯正を組み合わせます
鍼灸に組み合わせて行う場合
鍼灸5,000円+頭蓋骨矯正のみ1,000円=6,000円
※鍼灸+内臓矯正のみ(1,000円)=6,000円
※鍼灸+頭蓋骨+内臓矯正(2,000円)=7,000円

ぎっくり腰などの急性痛
1~3回 鍼灸5,000円/回

座骨神経痛
5~8回 鍼灸5,000円/回 週に1回として

※初回のみ:初診料+2,000円

その他のオプションメニュー・料金はこちらから

健養堂における鍼灸適応症

当院では、鍼灸頭蓋骨・内臓矯正を組み合わせることで、下記のような様々な疾患に対応しております。

また、背骨や骨盤だけではなく、現代社会における頭蓋骨・内臓問題に対応した治療を得意としております。

病院で診てもらっても原因不明な身体の不調や、頑固な痛みの症状にも鍼灸治療を行なっています。

平均的来院回数を記載しておりますが、個人差がありますし、効果を保証しているものではありません。
あくまでも、簡単な判断基準として見て頂けたらと思います。

1~2回で効果を実感できるもの(主に急性の症状)

痛みに効きます

ぎっくり腰、寝違え首肩こり、緊張性頭痛、花粉症、軽度の風邪

3~4回程度かかるもの

早めの治療が大切です

軽度のめまいのどのつまりアレルギー性鼻炎、顔面痙攣、頚肩腕症候群、胸郭出口症候群、更年期障害、眼精疲労、突発性難聴からの耳鳴り(初期)顎関節症由来の顎の痛み、軽度の胃腸の症状

5~6回程度かかるもの

頭蓋骨・内臓矯正で更に効果アップ

自律神経失調症アトピー性皮膚炎耳のつまり、不眠、慢性腰痛、メニエール症候群、軽度の胃痙攣・胃酸過多症、蓄膿症、顔面神経麻痺、坐骨神経痛、五十肩、

6~10回程度かかるもの

体質改善が必要で、身体全身を整えます

逆流性食道炎、不妊症・不育症の体質改善、咳喘息、過敏性腸症候群

10回以上はかかるもの

慢性的な疾患(病院との併用治療可能です)

変形性膝関節症、難聴、パーキンソン病、リウマチなどの膠原病からくる痛み・痺れの回復・予防、クローン病・潰瘍性大腸炎の下痢、精神的疲れからくるうつ病心身症パニック症候群、慢性疲労症候群、不眠症などの諸症状、脳卒中後遺症からくる片麻痺、言語障害、高血圧・高脂血症

その他

婦人科系や皮膚科系(アトピー・アレルギー性皮膚炎)は、頭蓋骨矯正で内分泌・ホルモン調整・自律神経を調整します

 

博多の鍼灸治療|健養堂はり灸治療室 耳鳴り・難聴お任せください 営業時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

福岡市博多区博多駅東3丁目3-16-205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る