自律神経失調症でお困りの方へ

こんな症状ありませんか?

あなたはどちらのタイプ?

交感神経過緊張タイプ

最近、血圧が高め
血圧が高い時と低い時がある
なかなか寝付けない
不安感があり、落ち着かない
何事も気になり心配になる
感情的になりやすい
痛みを感じやすい
便秘である
頻尿である など

副交感神経過活動タイプ

血圧が低い
夜間にトイレに行くことが多い
頭がボーッとしがち
月経中に吐き気がある
真夜中の空腹感
夜寝たのに日中とても眠い
夜間に悪化する症状がある
アレルギー性副鼻腔炎
喘息
過敏性腸症候群 など

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと様々な症状が現れます。

症状には個人差あり、複数の症状が別々に現れることもありますし、同時に3つ、4つの症状が重なることもあります。

身体が痛む、記憶力の低下など本当に人によって様々で、症状が出たり消えたりすることもあります。

自律神経失調症とは?

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために
私たちの意識や状態とは無関係に、24時間休みなく働き続けている神経です。

自律神経には、交感神経副交感神経という2種類の神経があります。
この2つの神経がバランスをとりながら働いています。

交感神経 は、活動的に身体を動かす車のアクセルのようなものと考えて下さい。
動くと脳も身体も緊張しますよね。
この緊張は、腦や身体を働かせるものであり、日中に優位になります。

●脳の血管を縮める
●心臓の拍動が早くなる
●呼吸を早める、瞳孔を開く
●胃腸の働きを抑制する
●汗が出る
● 筋肉の緊張を保つ
●脂肪を分解してエネルギーを生み出す

反対に、副交感神経 は体をリラックスさせるブレーキの役割を持っています。
副交感神経が働くと脳も身体もリラックスします。

●脳の血管が拡がる
●心臓の拍動が落ち着く
●脈や呼吸をおだやかにし、瞳孔を閉じる
●胃腸の働きが活発になり、消化や排せつをスムーズにする
●筋肉の緊張をゆるめる
●脂肪を蓄積する
●血管を広げてリラックス状態に導く

自律神経失調症とは、「交感神経(アクセル役)」と「副交感神経(ブレーキ役)」が互いに制御を保っている「バランスが取れた状態」から、どちらか一方のアクセル・ブレーキ作用が強すぎたり弱すぎたりしたため「バランスが崩れてしまった状態」のことを言います。

自律神経は全身の器官をコントロールしているため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたし、さまざまな症状が現れます。
自律神経失調症は、その原因もまた一人一人違い、いろいろな原因が複雑にからみあっていると言われています。

なぜ自律神経が乱れるのか?

結論から言うと、それはストレスがかかるからです。
ストレスがかかりすぎると交感神経が過剰に働いてしまうんですね。

ストレスには人間関係の精神的ストレスに加え、以下の4つに分けられます。

仕事や人間関係からくる 精神的ストレス
身体の歪みからくる        構造的ストレス
栄養素食事の偏りからくる  化学的ストレス
温度、湿度、気圧からくる  天候のストレス

生活習慣の乱れや、ホルモン(内分泌)の乱れも自律神経の乱れに関わってきます。

心拍数が上がり心臓がバクバクして、血圧が上がり、血管は細くなります。
そして、呼吸は浅くなり、胃腸が働かなくなります。
その結果、心身の不調を引き起こしやすくなるんですね。

なぜ、ストレス時に過剰に交感神経が働くのでしょうか?
ストレスは生命の危機と無意識に捉えます。
ストレスを感じると、身体は生命の危機から逃れようと働いてくれます。

自律神経は、ストレスなどの精神面や環境などの影響を受けやすいので、症状の表れ方にも個人差がありますね。

自律神経の乱れを解消する鍼治療

鍼灸治療の効果として科学的に証明されている一つに 神経系の調節 があります。
鍼灸について詳しくはこちら

当院の鍼灸治療の特徴は、※置針時間が長いことです。
最低でも30分は行ないます。長めの時間が効くポイントです。
(※置針とは、針をツボに打って置いておく方法)

30分以上置くことで、交感神経優位から副交感神経優位へ切り替わります。

実際に、ほとんどの患者さんが置針中に寝られます。
脳がリラックスするので、筋肉や内臓も疲れが取れるんですね。

他院は、15~20分の置針がほとんどではないかと思います。
ここが大きな違いになりますね。

症状の回復、身体に変化が現れてくるのは平均5回が目安です。
(週1~2回施術を受けたとして)
※長く患っている方、お薬を飲んで長い方は回復に時間を要す場合があります

各施術料金は、5,000円/回です。
(初回は別途、初診料2,000円を頂きます)

博多駅に近く、福岡県内外から治療を受けに来ていただいております。
自律神経失調症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約方法は、電話、メール、LINEのいずれかで受付しておりますので
お気軽にお問合せください。

博多の鍼灸なら健養堂はり灸治療室|耳鳴り、難聴を撃退 営業時間

「ホームページを見ました」とお電話下さい

Tel092-577-7739

Tel092-577-7739
タップして電話する

福岡市博多区博多駅東3丁目3-16-205
博多駅筑紫口から徒歩7分

ページトップへ戻る